日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

北京・天津地域で売られている県産品

6月の北京出張の際に大分県産品を取り扱ってくれている貿易会社を2社訪問しました。1社は鈴渓(天津)国際貿易有限公司、もう1社は北京本味国発商貿有限公司です。

鈴渓(天津)国際貿易有限公司(1997年設立)は、日本の大手貿易会社モリタフーズの中国法人で、主に中国への食品貿易を行っています。


鈴渓(天津)の君島総経理(左)と

鈴渓は3年ほど前に福岡で開催された商談会を機に、二反田醤油店(中津市)の醤油、ドレッシングの輸入、販売に取り組み、現在では天津、北京のイオンや伊勢丹、イトーヨーカドーに商品が入るようになっています。今年からは上海の代理店を通じ、上海久光やシティスーパーなど上海市場でも売られるようになりました。


二反田醤油のドレッシング 上海の久光百貨での販売促進活動

二反田醤油店の醤油、ドレッシングは約100元(約1600円)という高価格で売られているにも関わらず、固定客がいて継続的な輸出につながっています。特に少々高くても中国の富裕層の支持を受けて売れるというのは理想的な形であり、更なる販路拡大を支援していくつもりです。

北京本味国発商貿有限公司は数年前からジェイエイフーズおおいた(杵築市)の商品(つぶみかん、かぼすと日田梨、大紅袍)を輸入販売しています。

北京本味の黄総経理(左)と 北京本味が取り扱うJAフーズおおいたの製品

 本味のJAフーズ商品は特に北京・天津のスーパーなどで広く売られているほか、中国の迎賓館である「釣魚台国賓館」にも納入され、いわゆる国の公式宴会の飲料として用いられており、中国の政治指導者にもなじみの商品となっています。

また、黄総経理はウーロン茶飲料「大紅袍」更に販売拡大しようということで、1ケース購入した方に車内で使える加温器をプレゼントするサービスも行っています。北京をはじめ中国北部は特に冬季は温かい飲料の需要が見込めます。

ウーロン茶飲料の車内加温器
車内加温器プレゼントの広告

今後、大分県産品が更に中国市場に広がるよう引き続き支援してまいります。

【 もどる 】    【 Top 】