日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

桜祭りin上海2013に出展

3月27日(水)に上海ガーデンホテル(上海花園飯店)で「桜祭りin上海2013」が開催され、当事務所も九州・沖縄各上海事務所と共同で出展し、九州・沖縄を大きくPRしました。

当イベントは上海日本総領事館や日本政府観光局などが主催して行われたのもので、地方自治体や現地日系企業など約70団体が出展しました。会場には日本とのゆかりを持つ中国の方々約1,500名が来場し、大変賑やかな雰囲気に包まれました。


会場入口の日本政府観光局ブース
九州・沖縄ブースでPR
九州・沖縄ブースでPR

主催者である上海総領事館の泉総領事は開幕式の挨拶で、「このイベントを通じ、日本伝統文化の美、各地域の美、食品の美など、様々な角度から日本の魅力を中国の方々に伝えたい。我々一人ひとりが文化交流の懸け橋となり、両国間の相互理解を促進していきたい。」と述べました。

会場には日本各地の観光宣伝や各企業商品PRのブースのほか、和服展示コーナー、茶道教室、アニメルームなども設けられました。また、マグロ解体ショ―、ハローキティ握手会なども行われ、来場した方々の注目を集めました。


和服展示コーナー
マグロ解体ショー

桜は日本や日本文化のシンボルで、桜の季節は中国人観光客とっても訪日旅行が最も人気を集める時期となります。

こうしたイベントを通じ多くの方々に日本の美を感じていただくとともに、日中両国間の相互理解と交流をさらに拡大していければと思います。

【 もどる 】    【 Top 】