日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX
映画監督塩谷俊さんアテンド
    7月16日から18日、映画監督兼俳優で、おおいた国体総合プロデューサーの塩屋俊監督が上海国際映画祭出席のため来海。塩屋監督の映画「ゼロからの風」(主演田中好子)は映画祭のパノラマ作品として3日間上海市内の映画館で 映された。飲酒運転のドライバーによって大学生の息子を失った母親が、犯人の刑の軽さに立ち上がり、「危険運転致死傷罪」の新設を成し遂げる、といった実話を元にしたストーリーです。中国人の人に映画の感想を聞いてみたが、市民からの運動で法律が変わる、ということが理解できないという反応が印象的だった。塩屋監督は今後、日本、中国、韓国を舞台にした少年の囲碁の映画を製作予定で、今後も上海に来る予定。

    (上映前の舞台挨拶)     (塩屋監督と記念撮影)
【 もどる 】    【 Top 】